「ROYAL HORSE」演奏からの「セッション」映画

royal_horse

平成27年2月10日、JAZZ演奏等の伝統あるロイヤルホースにて演奏させていただきました。
http://www.royal-horse.jp/
(※ロイヤルホースの画像は上記公式HPからの引用です。)

大阪弁護士会の公正会(大阪弁護士会に7つある会派の1つ)が『ジャズを聴く会』を「ロイヤルホース」にて開催したので、その前座として出演させていただきました。

ロイヤルホースの雰囲気は,事前にホームページを見てある程度は感じていたのですが、実際のステージに行くと,伝統の重みを感じてメチャクチャ緊張しました(笑)

stage

当日は,プロのジャズシンガーさんとジャズ奏者さんの演奏だけでなく,ジャズの考え方,ジャズの魅力等も教えていただきました。

3時間ぐらいの時間でしたが,ジャズのカッコよさとジャズの聴きやすさに驚きました。

ジャズのプロシンガーさんと一緒に歌うことができたことも良い思い出になりました。

そして月日が2か月流れ,4月になりました。

インターネットをしていると,セッションという映画の広告があり,ドラム奏者の映画だということが分かったので,予告動画を見てみました。

予告動画の激しく狂ったオッサンがドラム奏者を叱咤している映像に驚くとともに,「セッション」映画を見てみたい!という衝動に駆られました。

期待し過ぎると期待外れになってガッカリするという経験は,「96時間 リベンジ」で十二分に体験済みですので,あまり期待してはいけないと自分に言い聞かせたのですが,予告動画があまりにも面白かったので,ワクワクしながら,映画を見ました。

映画は,テンポがよく,演奏もカッコイイので,楽しく見ることができました。
予告動画でも言っているのですが,最後の10分間,本当にヤバいです。
映画を見て,身体が硬直し,手に汗握り,興奮する。あんな経験は初めてです。

この「セッション」という映画は,TSUTAYAやGEOで借りるのではなく,映画館で見て欲しいです。
携帯の電源をオフにして,迫力ある画面と音響で,身体全体で音楽を感じて欲しいです!

ご覧になった方がいらっしゃれば,感想を教えて下さい!

このように,無駄にテンションが上がるぐらい楽しかった映画です。

後で知ったのですが,この映画の音楽は,ジャズらしいです(笑)
映画では,激しい音楽に聞こえたので,ジャズとは気付きませんでした!(笑)

私は,ジャズの有名な曲すら知らないので,映画を見ていてドラム奏者のスティックの持ち方が変わっていると思っていただけでした。

しかし,ロイヤルホースでの経験と,この映画のおかげでジャズのイメージが完全に変わったので,サウンドトラックでも入手してジャズを聴いてみたいと思います。

ジャズを聴いて,大人の音楽に入門した気分に浸ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。